お問い合わせはこちら 

薬キャリの掲載料はいくら?他の薬剤師求人媒体との比較も

求人媒体

2022.07.17

薬キャリは薬剤師の転職に特化したWeb求人サイトです。年間20,000人を超える薬剤師転職者が、薬キャリを活用しています。

病院への転職に強く、主婦層の薬剤師への情報発信を行うなどの特色も持ち合わせています。

この記事では、「薬キャリの掲載料」に関して詳しく紹介しています。他社サイトと比較しているのでぜひ参考にしてみてください。

薬キャリとは?

薬キャリとは、求職者が手軽に自分に合った転職エージェントを検索できるWeb求人サイトです。

薬キャリは医療業界大手であるM3キャリアという法人が運営しています。病院などの医療機関への転職に強く、主婦層の薬剤師に人気が高いという特徴を持ちます。

また転職だけでなく、派遣会社としても実績があります。

薬キャリの掲載料はいくら?

薬キャリの求人広告の掲載料については、ホームページに記載がありません。
問い合わせたところ一般公表はしておらず、実際に利用を検討する段階でお知らせしているとのことでした。

薬キャリ担当者によると、一般の相場程度の掲載料であるとお聞きしました。薬剤師求人における人事紹介の相場は、転職者の年収の25%〜30%と言われているので参考にしてください。

薬キャリの特徴について

求人掲載数約28,000件
掲載料無料
課金体系完全成功報酬型
手数料非公表(詳細については問い合わせ)
HP公式ホームページはこちらから

薬キャリのメリットについて

ここでは薬キャリを活用するメリットについて紹介します。
それでは、順番に詳しく解説していきます。

年間2万人利用で母集団形成に強い

薬キャリは応募者の母集団形成に強いWeb求人サイトです。

母集団とは、自社が求人している状態であることを知っており、なおかつ自社を転職の検討対象としている人の集団を指します。母集団が多いほど、採用活動に有利と言われています。

理由は、薬キャリが薬剤師転職者のおよそ70%にあたる20,000人以上が年間で利用しているWeb求人サイトだからです。非公開の優良な求人情報を多数保有しており、求職者の満足度が高いのです。

薬キャリは母集団形成に強いので、採用活動を有利に展開できます。

初期費用無料で採用工数を削減可能

薬キャリは、初期費用が無料なので手軽に利用できます。費用は完全報酬制なので採用が決定するまで料金が発生しません。

また薬キャリではエリアに特化したコンサルタントが精度の高いマッチングを行っており、採用工数を大幅に削減できます。

正社員パートの他、派遣にも幅広く対応

薬キャリは多様な勤務形態の人材紹介を行っています。
正社員の求人比率が多いものの、パートや人材派遣など勤務形態に対応しています。

薬キャリでは、自社のニーズに応じた勤務形態の人材を探せます。

薬キャリのデメリット

ここでは、薬キャリのデメリットについて紹介します。
薬キャリのデメリットは、ドラッグストアや調剤薬局の求人が少ないことです。

よってドラッグストアや調剤薬局への転職を希望する人が、薬キャリを訪問する機会は少ないかもしれません。

ただ、薬キャリは病院などの医療機関への転職に強さを持っています。求職者の中には、病院やドラッグストアなど幅広い職場への転職を希望している人もいるでしょう。

薬キャリは薬剤師のWeb求人サイトで最大規模を誇っており、多くの転職者の目に留まるのは間違いありません。

薬キャリと比較したいオススメ薬剤師求人媒体

ここでは、薬キャリと比較したい求人媒体について3つ紹介します。

マイナビ薬剤師

「マイナビ薬剤師」は、薬剤師専門の人材紹介サービスです。
医療業界専任のキャリアアドバイザーが約80名在籍しています。

求人掲載数約53,000件
掲載料無料
課金体系完全成功報酬型
手数料理論年収の30~35%(詳細については問い合わせ)
HP公式ホームページはこちらから

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、株式会社メディカルリソースが運営しています。人材面でのサポートだけでなく、総合医療アドバイザリーや薬局・病院等の運営や薬剤師人材育成をサポートするサービスも行っています。

求人掲載数約42,000件
掲載料無料
課金体系完全成功報酬型
手数料非公表(詳細については問い合わせ)
HP公式ホームページはこちらから

ファーマキャリア

ファーマキャリアは、エニーキャリア株式会社が運営する人材紹介サービスです。併せて、薬剤師が直接企業採用担当者と繋がれる求人×PRサイト「ファーマボックス」や「すきまシスト」も運営しています。

求人掲載数約28,000件
掲載料無料
課金体系完全成功報酬型
手数料非公表(詳細については問い合わせ)
HP公式ホームページはこちらから

こんな場合は薬キャリを活用しよう!

ここでは、薬キャリの活用を検討するべきケースについて紹介します。
それでは順番に詳しく解説していきます。

病院で勤務する薬剤師を採用したい

病院で勤務する薬剤師を採用したい場合は、薬キャリの活用が有利です。

薬キャリは医療業界大手の企業が運営しており、病院との太いパイプを持っています。よって、病院の薬剤師を希望する求職者が、薬キャリに集まる傾向にあります。

病院で勤務する薬剤師を採用したい場合は、薬キャリの活用がおすすめです。

主婦層の薬剤師にアプローチしたい

主婦層の薬剤師へ採用をアプローチしたい場合も、薬キャリは有効です。

薬キャリは、主婦層の薬剤師を対象にしたWeb求人サイト「薬キャリmama」を運営しています。

ホームページはこちらから

主婦層の薬剤師を対象にしたWeb求人サイトの中でも、トップクラスの登録者数を誇ります。

主婦層の薬剤師を検討する場合は、薬キャリを利用しておくとよいでしょう。

スピーディーに薬剤師を採用したい時

薬キャリは、スピーディーに薬剤師を採用したい時に有効です。

薬キャリのエージェントはスピーディーな行動に定評があり、相談開始から約1カ月で内定が決定することも多くあります。

急な退職や産休などで採用を急ぐ時、検討してみるとよいでしょう。 


まとめ

今回は薬キャリの費用やサービスを中心に、他社との比較についても紹介しました。

医療業界大手であるM3キャリアが運営しており、病院などの医療機関への転職に強く主婦層の薬剤師からの登録数も業界トップクラスです。

採用活動においては母集団形成が重要なので、活用を検討する価値は十分にあるでしょう。

ただし病院への転職に強い反面、ドラッグストアや調剤薬局の求人数が少ない点はよく検討する必要があります。

この記事を参考に、効率的に薬剤師の採用活動をすすめていただければ幸いです。

サービス一覧