お問い合わせはこちら 

【職種別】転職サイトの選び方、ズバリお伝えします。【地域別】

採用戦略 母集団形成 求人媒体・求人広告

2020.11.20

この記事では、

・各法人にあった転職サイトの選び方

を解説しています。

[転職サイト見極め]必要項目の整理

転職サイトの選定にあたって、
イメージしていただく項目があります。

①求人したい医療/介護職種名
②通勤範囲

はい!これだけです。

試しにやってみましょう

こちらをお読みのあなたも
いろんな媒体に掲載されている
ことでしょう。。

(あれがいいかな・・)
(これがいいかな)
(〇〇さんがこれは良いと言っていた。。)

はい、忘れてください。

ポイントは求職者目線に立つことです。

求職者は転職する為に「検索」します。
その際、

例えば
(地域名) 看護師 転職
(地域名) 看護師 求人

で検索。

こういう行動をするわけです。
そして、出てきたwebページを
チェックするわけです。

ここでの「地域名」が
最初に検討した②通勤範囲です。

※例
[東京都北区 看護師 求人]と検索。
広告枠を除いたら、こちら↓。

わかりますか??

上から
・ハローワーク
・マイナビ
・求人ボックス
・看護ルー
・グッピー
・スマイルナース
・ナースエージェント
・とらばーゆ

ここから
東京都北区の看護師さんは
転職先を選ぶのです。

やれ、indeedだー!!!
やれ、〇〇だー!!!

はい、誰もみません。。。泣

検索を意識しなければならない理由

検索順位ごとに、どのぐらいのクリック率
なのかは、データがあります。

検索順位クリック率
1位表示21.12%
2位表示10.65%
3位表示7.57%
4位表示4.66%
5位表示3.42%
6位表示2.56%
7位表示2.69%
8位表示1.74%
9位表示1.74%
10位表示1.64%
出典 : Google Organic Click Through Study | Whitepapers by Internet Marketing Ninjas

こちらを見ていただくと
いかに検索順位を気にしなければ
ならない理由がわかるはずです。

「indeedに掲載しても
 検索2ページ目に
 出てくるじゃないかー!!!(激オコ)」

はい、、クリック率、、
1.64%以下です。。。
それでよければ。

100人中2人以下です。。

まとめ

採用担当になるような方は
長く転職活動を行っていません。

(あなたもそうでしょう??)

それは仕方がないことです。

ですが、採用活動では
やはり相手を知ること
相手目線に立つこと
重要になってきます。
#採用だけじゃない

自分だったら、どうやって
転職するか、考えることで
攻略していきましょう!

では!

サービス一覧