お問い合わせはこちら 

今季あと3人採用したいんです。という嘘

採用手法 採用領域

2021.05.01

おはようございます!
メディケア共創基盤 松藤です。

私たち医療介護の採用支援に特化して
サポートを行なっていますので、

  • (いつ)までに1人採用したい
  • (いつ)に1名退職予定なので応募が欲しい
  • スタッフの経験心もとないので経験者を採用したい

といった相談があります。

今季あと3人採用したいんです。

長く支援をしていると
採用計画、ひいては事業計画
拝見させていただき
長期で介入させていただきます。

ここであるのが、

医療機関担当者様
「今季こうこう
こういう(事業)計画だから、売上逆算するとあと3人必要ですよね!」

です。

売上逆算で電卓叩いるので、
間違いではありませんが、大体の場合、
松藤は

「はいはい、来ましたね。OKOK〜」

と心で呟いてます。
#性格悪いw

医療機関で年度3名も採用したら次の展開

弊社が対応させていただく業態は

  • クリニック/診療所
  • 訪問看護ステーション
  • 介護施設(主にデイサービス)

が多いです。

つまり、こちらのお読みの
「あなた」ですね。
#すみません、適当ですm(_ _)m

お伝えしたいことは、この規模で
スタッフが1年で3人も増えたら

売上がついてくる場合、
・スケールメリットが生まれ集客力増(結果また採用へ)
・オペレーションが回らず離職率増(結果また採用へ)
・患者数増による事務作業増(結果また採用へ)

売上がついてこない場合、
・利益を圧迫し経営負担増(結果人事コントロール発生)

といった形で、 必ず計画以上
出来事が発生してきます。
特に看護師採用のいたちごっこは終わりを知りません。(´・ω・`)、、、

やるしかないのです

採用を進めて、
売上がついてこない場合は論外として、

  • 年度3人を順調に採用をすすめている
  • 売上も順調に立てられる経営力がある

こうした優秀な方は、
上記に列挙した

売上がついてくる場合、
・スケールメリットが生まれ集客力増(結果また採用へ)
・オペレーションが回らず離職率増(結果また採用へ)
・患者数増による事務作業増(結果また採用へ)

これらの点は 確実に抑えた
事業計画を立てることをお勧めします。

肌感覚で【必要人数× 1.4倍】程度の
年間採用を見込んだ方がいいと思います。

今日は、想定以上を行う仕事より
想定内の仕事の方が楽ですよね。
という最近の心境でした。

医療機関担当者様
「今季こうこう
こういう(事業)計画だから、売上逆算するとあと3人必要ですよね!」

松藤 (心の声)
(はいはい、来ましたね。OKOK〜)

(どうせ5人ぐらい必要だと思いますので、水面下で準備しておきますね)

では!

サービス一覧